空気清浄器の正しい選び方まとめ

正しい空気清浄機の選び方|トーカ堂.ws

正しい空気清浄機の選び方のコツ、ポイント

空気清浄機を使用している人、購入を考えている人は多いと思います。
実際に使用している人の中には「空気清浄機を使うと確かに部屋の空気はきれいになるようだが乾燥して喉が痛くなる」「静電気が起きやすくなって乾燥しているように思える」こういった口コミも耳にします。
ズバリ、正しい清浄機の選び方は「空気清浄機にプラスして加湿機能があること」です。

 

具体的には「シャープのプラズマクラスター搭載加湿清浄機」これがお勧めです。
トーカ堂で高性能機種が14,800円で購入できるのを見つけました。
相場より安いと思いますし、送料無料なのも嬉しい点です。

 

購入前に確認!5大チェックポイント

ではもう少し細かく、空気清浄機の選び方のポイントをまとめたので見ていきましょう。

加湿機能がある

空気をきれいにする性能が高くても、湿度が下がると結果的に喉を痛めるなどデメリットが出てきてしまいます。
空気清浄機を購入する人は部屋の空気の脱臭以外にも風邪の予防策として、体調維持のため、と考えている人が多いはず。
適度な湿度を保つ加湿機能がついている事で空気をきれいにしながら喉を痛める事もなく、またウイルスの増殖を防ぐといった大きなメリットがあります。

フィルター性能をチェックする

最近問題になっているPM2.5はごく小さな微粒子ですが、高性能フィルター搭載の空気清浄機ならばこうした大気汚染物質もしっかりキャッチしてくれます。

付加機能について

タバコの煙を除去する、カビ菌を除去する、静電気を防止する(静電気を防止する事で花粉などがカーテンに付着するのを防げます)などの付加価値もチェックポイントです。

ランニングコストが低い

空気清浄機はできれば在宅している間はずっとつけていたいもの。寝ている間も利用する事を考えるとランニングコストが低いものが最適。消費電力が少ないエコ運転機能などがついているものがお勧めです。

運転音・騒音

寝ている間に運転音がうるさくては困ります。
また、受験シーズンを迎えた子供の部屋に置く場合、あまり騒音がある空気清浄機だと気が散ってしまうでしょう。

 

プラズマクラスター搭載の空気清浄機がベスト!

チェックポイントをひとつずつ確認していくと、「プラズマクラスター搭載の加湿空気清浄機」がベストな選択かと思います。
プラズマクラスターはインフルエンザ菌やカビ、ウイルスの除去もできますし、PM2.5のような小微粒子の汚染物質にも対応するフィルター機能が搭載されています。
加湿器としても優秀で部屋の温度や湿度を見張りながら適切な湿度にキープ。
ランニングコストも1時間あたり加湿+空気清浄の「強」でも0.57円(KC-30T3の場合)となっていますから、24時間稼働させても電気代の心配もいりませんね。

 

1台ですませたいのならば「空気清浄機プラス加湿器」のダブル機能の清浄機にしましょう。
空気清浄機と加湿器それぞれを購入するよりずっとお得です。
中でも「安さ」が自慢のトーカ堂ならば大手電気量販店よりもお得に購入できて、全国送料無料という嬉しい特典つきです。


ホーム RSS購読 サイトマップ